リシンプラスLP


アトピー対策の正解を見つけたい!

 

アトピーや再発を繰り返すヘルペスに困っている方は、気安くアトピーを改善しましょうと言われるのも不愉快なものかもしれません。

 

なかなか改善できないから困っているのですから。

 

実際、アトピーは未だに確実な、誰にでも効果のある治療法というのは存在しません。

 

どうしてアトピーが悪化するのか、どうしてアトピーが治ったのか、誰にも共通するはっきりした答えはまだないのです。

 

あらゆる方法を試しているが、思わぬところで悪化してしまったり、ヘルペス(カポジ水痘様発疹)の恐怖が重なったりするとストレスになってしまいアトピーにも良くない。

 

悪化の原因が分からない上にヘルペスの恐怖も抱えるという状況がストレスとなり、更なるアトピーの悪化を招くという悪循環を生む。

 

アトピーの上にヘルペスにもなりやすいという方は何をどうすれば正解なのか分からず、焦りのようなイライラする感覚を日ごろからお持ちなのではないでしょうか。

 

ここでは特に食事の面でよく言われるアトピーの改善法と、ヘルペスの予防法を眺めながら、どんな方法が一番スマートなアトピー改善・ヘルペス予防法なのかを考えてみたいと思います。

 

辿り着くのは理想食

 

結論を先に書かせてください。
野菜≧魚類>穀類という配分量とこの通りに食べる順番を守ること。

 

これが一番スマートでストレスなく、健康的なアトピー改善&ヘルペス予防法です。

 

「なんだ、ただの理想食じゃないか。要は健康に良い食事をしろっていうだけか」と思われる方もいるかもしれません。しかしこれが、巷で噂されるアトピーの食事制限とヘルペスの予防法となる食事を重ねあわせ矛盾をなくした理想の形なのです。

 

さらにご存じの通り糖尿病予防・改善食ですし、ダイエット食でもあるまさに理想食。

 

できない!という方は量はあまり気にしなくて良いですから、食べ順とよく噛むことを意識して、サプリメントで「リシン」を摂取してください。

 

その理由もあわせて、以下から説明していこうと思います。

 

ちなみにリシンは「リシンプラス」というサプリがヘルペス予防のために作られたものですのでおすすめです。

 

 

よく言われるヘルペスの予防法

 

アトピー+ヘルペスに悩む方はせめてヘルペスはどうにかしたいとお考えだと思いますから、はじめにヘルペスの話しをしましょう。

 

ヘルペスは再発を繰り返すのが特徴ですから、アトピーには天敵と言っても良いほど煩わしい症状です。

 

しかし「カポジ水痘様発疹」の原因となりやすいヘルペスウィルス(Ⅰ型)は、アルギニンよりもリシンの体内量の方が優位だった場合には増殖や活性が抑えられると言われています。

 

つまり、カポジ水痘様発疹が怖いのであれば、アトピーをすぐに治すのは難しいかもしれませんが、ヘルペスを予防するのは比較的簡単に見えます。

 

アトピーも改善したいしヘルペスも予防したい。
難易度で言えばヘルペスの予防の方が低いから、とりあえずリシンで予防しましょう!

 

でも、やっぱり大元のアトピーが治ればヘルペスって怖がることないんだよなとも思いませんか?

 

 

アトピーの悪化を防ぐ生活

 

アトピーの原因が特定できている方もいれば、何となくは分かるけどはっきりはしていないという方もいるでしょう。

 

一般的にアトピーは、元々の体質に加えてアレルゲンや刺激などの要因が重なり悪化すると言われています。

 

肌のバリア機能が低く、乾燥している状態であるという前提に、刺激となるアレルゲンや肌に合わない洗剤などの外部的な要因、ストレスなどの内部的要因が重なると、アトピーがひどくなってしまう。

 

これらを全て特定し解消するのは難しいから、日常では肌を清潔に保ったり、肌に合う石鹸を探したり、アレルゲンとなるダニやほこりを掃除したりという工夫に身をやつすことになる。

 

一定の効果はあるのでしょうが、アトピーというだけで人より生活に気を遣わなくてはならないというところが既にストレスです。

 

原因の対策ではなく、もっと根本的な対策はできないだろうかと考える方が多いことだと思います。

 

根本的なと言っても遺伝子を変えるわけにはいきませんから、一番手軽なのはやはり食事法なのではないでしょうか。

 

アトピーの食事対策あれこれ

 

アトピーは半分生まれ持った体質的なものが原因なのでしょうが、もちろん後天的な要因もあれば、生活習慣の影響によるアトピーもあるでしょう。

 

根本的な部分からアトピーを治療しようというのであればもともとの体質を変えなければならないのかもしれませんが、長年の生活習慣によるアトピーの悪化があるのであれば、日頃の摂生などで体質を変えられる可能性もあるのです。

 

よく言われるのは、脂質や糖質を制限するよう注意するということと、腸内環境を整えるということでしょうか。

 

ここからは、アトピーの改善に必要だと言われる食生活法を簡単にまとめるのと、ご興味がある方のためにそれぞれおススメのサプリメントなどのご紹介もしておこうと思います。

 

サプリメントについては全て品質に定評のあるドクターズチョイス社から選ばせていただきました。

 

脂質とアトピー。なぜ脂質が悪い?

 

脂質が活性酸素と結びつくと、皮膚の炎症の原因となる過酸化脂質になるから、アトピーに脂質は良くないと言われています。

 

それでも我々は脂質がなければ生きていけませんから、ある程度の脂質は摂る必要がある。

 

そのときに動物性脂肪よりも、植物性脂肪を多く摂るよう心がける方が良いと言われています。

 

また、オメガ6脂肪酸過多になりがちな食事を摂っている方が多いので、意識的にオメガ3脂肪酸を摂取しバランスを摂る方が良いと言われています。

 

アトピーに限らず健康維持のためによく言われることですが、例えば牛や豚などの動物の肉よりは魚から脂肪を摂る。サラダ油よりも、エゴマ油などを摂るということです。

 

オメガ3脂肪酸は健康維持のためにサプリメントで摂取する方も多いので、魚が苦手だったり食事の管理が難しかったりという方はサプリメントを活用するのも良いでしょう。

 

「プレミアムオメガ3」が圧倒的高品質でおすすめです。

 

糖質とアトピー。糖質はなぜ悪い?

 

糖質制限も健康法として取り入れている方がたくさんいるようですが、アトピーにも糖質は良くないという情報があります。

 

なぜ糖質がアトピーに悪いのか。血糖値の乱上下がホルモンの分泌を強要することで、副腎に負担をかけることが問題だと言います。

 

血糖値を上げたり炎症反応を抑えたりするために分泌される副腎皮質ホルモンを人工的に精製したものを我々はステロイド剤として使用しているのがご存じでしょうか。

 

体内で分泌される副腎皮質ホルモンはインスリンの働きで下がりすぎてしまった血糖値を上げる際にも放出されますが、その作業に追われ、皮膚などでの炎症を抑える働きが疎かになってしまう、という話しがあります。

 

アトピー患者は副腎の機能が弱いという傾向があると言われていますから、副腎に負担をかける糖質は一般的に制限すべき対象となっているのです。

 

糖の吸収を抑えることができる「血糖値コントロールTEA」がおすすめ。

 

腸内環境の悪化とアトピー

 

アトピーの痒みを引き起こす要因となるたんぱく質は、胃や腸を経て分解・吸収されていきます。

 

私たちは食事によって外部のエネルギーを体内に取り込みますが、そのままの形では異物に他なりませんから、体がそのエネルギーを受け入れることができません。

 

だからこそ限りなく小さく分解することで原型を失くし、栄養素として体内に取り入れる必要があります。この咀嚼や嚥下に始まる一連の流れが消化というシステムです。

 

腸内環境が悪ければこの消化が十分に行えないことがあります。つまり異物に近いままの栄養を体に取り込んでしまったり、改めて異物の処理をしなければならなかったりという負担になる。

 

未消化のたんぱく質は痒みのもととなってしまいますし、消化が不十分であれば体の全体的な負担になることも考えられる。

 

よって腸内環境が良くなければアトピーが悪化すると言われています。

 

腸の働きが良くないかもしれないという心当たりのある方は、乳酸菌飲料や乳酸菌サプリを活用することでアトピーの症状が良くなるかもしれません。

 

「35ビリオンプロバイオティック」がおすすめ。

 

ここではドクターズチョイス社のサプリが高品質ですすめやすいということでご紹介していますが、特にラムノサス菌はアトピーに有効なのでこれに特化したものを探しても良いと思います。

 

アトピーの改善、これ全部やるの!?

 

カポジ水痘様発疹を防ぐためには、アトピーの改善とヘルペスの予防、どちらも意識した方が良い、ということは、言われなくても分かっている、というようなことだと思います。

 

だけど本当に完全にアトピーの改善を試みたりヘルペスを抑えたりしようすれば、大変な労力と出費が必要になってしまう。

 

これではあまりにも乱暴ですし、もう何食べれば良いか分からない!アトピーというだけで修行僧のような生活をしなければならないのか!と憤りを感じる方もいるでしょう。

 

アトピーに関する表面的な情報をざっと並べるとこのような形になってしまったのです。もちろん、鵜呑みにする必要はありません。

 

アトピーとヘルペスに関する事実の整理

 

結局のところアトピーの症状を抑えながらヘルペスの予防をするにはどうすれば良いのでしょうか。

 

アトピーの人のための理想食を考える前に、事実を整理しておきましょう。

 

確実なことを考えると、まずヘルペスはリシンの量に気を付けることで予防することができるというのは事実です。

 

アトピーに関係なく健康のためには脂質のバランスには気を付ける必要があり、魚料理をメインに、お肉も揚げるのではなく出来るだけ茹でる調理法が望ましいのも事実。

 

糖質制限も一般的な健康法として認知度は高く、明らかに糖質過多の現代においては意識しておくに越したことはないことも事実。

 

これらからどのように理想食が一番という結論になるのでしょうか。

 

食べ順を気にするだけで十分!

 

糖質が悪者だとしても、アトピーでは(諸説あるにしても)血糖値の乱上下が問題なのだとしたら、糖質制限を徹底するのではなく血糖値の急上昇を避ける方法を徹底しても良いはず。

 

つまり、糖質を減らす努力をしながら、血糖値の乱上下を増やす食べ方である、食物繊維やビタミン(野菜など)→タンパク質(メインのおかず)→糖質(主食)という食べ順を徹底する。水分は積極的に摂る。

 

甘党の方がいれば心苦しいですが、甘いお菓子は極力控えましょう。

 

メインのたんぱく質はオメガ3脂肪酸を摂取できる魚料理を優先し、食事は全て飲みこむ前に原型がなくなる程よく噛んで食べる。

 

ゆっくりよく噛んで食べることで栄養(特にたんぱく質)の消化を助けながら、血糖値の急上昇をさらに抑えられる。

 

以上の食べ方で理屈の上では脂質、糖質、たんぱく質すべての問題点を矛盾なく解決できる上、消化器にも負担が少ないので、腸内環境の悪化も防げます。

 

ヘルペス予防にもなる!

 

野菜≧肉類(魚)>穀類という順番と量を守る食事は、ヘルペス予防の観点から見ても効果的です。

 

ヘルペスはアルギニン>リシンという状態になったときに発症しやすいのですが、アルギニンもリシンも多くの食べ物に含まれ、どちらも不足するということはめったにありません。

 

問題はバランスですが、アルギニンよりリシンの方が多い食材はほとんどの肉・魚類なのです。

 

いずれもリシンの方が1.5倍程多く含有されています。
乳製品に至ってはアルギニンの約2倍の含有量です。

 

つまり、肉類より少ない量のお米を食べるようにすれば、糖質を抑えながらリシンとアルギニンもヘルペス予防に適したバランスを保つことができるのです。

 

 

問題点を解決するリシンサプリメント

 

アルギニンとリシンの含有量は分かったとしても、バランスをご自分で管理するのは非常に難しいものです。

 

それにアルギニンとリシンのバランスに気を付ければ、肉や魚の半分程のお米で我慢しなければなりません。

 

穀類は肉類とは反対で、アルギニンの方が1,5倍ほどの含有量なのです。つまり、同量では意味がないということ。100gの肉を食べれば、50グラムのお米。

 

お米50gというのはかなり少ないです。普通のお茶碗に半分も入れられないくらい。

 

食べ順を意識すればお米は最後に食べますから、それほど量は必要ないと感じる方もいるかもしれませんが、麺類やお米はつい食べ過ぎてしまうという方は多いと思います。

 

それに、食べ順を意識したり、よく噛んで食べたりというのは慣れてしまえばたいしたことはありませんが、慣れるまではかなりのストレスでしょう。

 

食べ順とかよく噛むとか意識できるところはするけど、やっぱりある程度食事くらい好きにしたいという気持ちがあるでしょう。

 

正直なところ、今日からでもやろうと思えば出来ることですが、実際には難しい食事法だと思います。

 

だからこそ、ヘルペスが発症しやすくて困っているという方に限ってはご紹介した「リシンプラス」のようなサプリメントをはじめに用意しておくことがおススメです。

 

はじめはリシンを摂取しながら出来るところだけ意識して、理想の食事法を自然にできるようになればそれを継続する。そのときにはサプリメントは必要ありません。

 

これでアトピーの悪化を防ぎながら、ヘルペスを堅実に予防できるのです。

 

理想の食事法を体得せよ

 

さて、いかがでしょうか。アトピーの原因は外因的なもの、内因的なもの、環境的なもの、遺伝的なもの精神的なものという風にいくつもの要素が絡まりあって表皮バリアの低下という症状が起きると言われています。

 

食べ順だけでアトピーが改善できるかと言われれば残念ながら自信を持って頷くことはできません。しかし食べ順を意識しゆっくり食べることで健康を損ねることはまずありません。

 

糖質は摂っちゃダメ、脂質も摂っちゃダメでは辛すぎますから、食べ順とそれぞれの量を意識してゆっくり噛んで食べるという、どんな人も行うべき理想の食事法を実践すること。

 

アトピー以外の生活習慣病も全て予防できますから、本当におすすめです。

 

ヘルペスの心配がある方は「リシン」のサプリメントが理想の食事法を体得するまでの補助剤になります。

 

ぜひ、今日からはじめてみてください。

リシンプラス

アトピー改善&ヘルペス予防をしてカポジ水痘様発疹を防ぐ!記事一覧

口唇ヘルペスは何科?口唇ヘルペスの場合、一体何科に行ったら良いのか、わからないですよね。口唇の場合は、皮膚科が一番良いと言われています。性器ヘルペスの場合は、婦人科とかもありです。口唇の治療には、塗り薬を貰って使いやすいですが、性器ヘルペスの場合は、なかなか塗り薬は難しいので、飲み薬などがよく処方されます。市販薬でも治療可能ですが、やはりお医者さんでもらう薬の方が、しっかり有効成分が含まれているの...