ロゲインと抜け毛の原因

 

 

抜け毛や薄毛の事を語るうえで欠かすことができないものがあります。
それがストレスです。

 

このストレスは髪の毛が抜ける量を増やしてしまうようになります。
そのメカニズムを知っている人というのはあまり多くはありません。

 

まずストレスを感じることで自律神経が緊張してしまい、血行が悪くなります。
そして頭皮も身体の一部分ですので、頭皮の血行も悪くなるのです。

 

そして、結果的には発毛を促進するうえで必要不可欠な栄養分が身体にしっかりと行き渡らなくなってしまうのです。
この状態が長期間続いてしまうと髪の毛の成長が妨害されてしまい細くなります。
結果的に成長が止まった髪の毛が抜け落ちてしまうようになるのです。

 

さらにストレスというのは身体にアドレナリンが多く分泌されるようになります。
このアドレナリンは交感神経を興奮状態にするので、体内に活性酸素を増加させます。
皮脂も活発に分泌されるようになるのですが、これが毛穴を塞ぐ原因となってしまうのです。

 

ストレスによって身体に色々な負担がかかってしまうようになりますので、髪の毛のためにもストレスを軽減しつつロゲインを使用するなどして薄毛を改善しなければなりません。
心がけ次第で実践することができるものばかりですので、是非参考にしてみてください。