リシンプラスLP


口まわりが赤くなり水泡の様なものができてしまうのが口唇ヘルペスです。 発熱や頭痛を伴う全身症状が発生する恐れもあります。

 

日が経つと治るのですが、完治する事は難しく、一度感染してしまうと再発の可能性が非常に高い病気です。 この口唇ヘルペスは、外見に強く影響するので男性よりも女性に敬遠されている病気です。

 

口唇ヘルペスになっても病院に行くことで抗ウイルス剤を処方してもらうことができます。しかし、口唇ヘルペスを再発させないように日ごろから予防をするのが一番です。

 

そこでここでは口唇ヘルペスの再発の予防と、口唇ヘルペスになってしまった場合の対策について触れていきたいと思います。

 

 

口唇ヘルペスの予防

 

口唇ヘルペスの予防は、大きく分けて「生活習慣をただす方法」と「薬を使用する方法」となります。

 

 

生活習慣を見直そう

 

 

口唇ヘルペスは、体の免疫力が低下したり、ストレスによる精神的な疲労がたまったりした時に再発しやすくなります。

 

そのため、常日頃から体調を万全にしておくように生活習慣の改善が勧められます。 食事は忙しい時でも1日3食食べるようにして、栄養バランスもしっかりと整えましょう。

 

ストレスは意識をしていても勝手に発生してしまうものなので、溜めない様にするために休息を十分に取る必要があります。 夜更かしはしないで適度な睡眠時間を確保するのはもちろんですが、趣味や運動で積極的な気分転換も行うのも効果的です。

 

口唇ヘルペスは強い紫外線を浴びた場合でも再発の危険性が高まりますので、スキーや海水浴に行く際は紫外線対策を行うのを忘れないようにしましょう。

 

 

薬で予防をする

 

ヘルペスは、リシンという成分によってあらかじめ発症率を低下させることができるのです。 そのため、リシンが含まれているサプリメントを摂取することによって口唇ヘルペスの再発を予防する事ができます。

 

リシンが含まれているサプリメントでは「リシン+プラス」という商品がお勧めです。 リシン+プラスは、リシンが含まれているだけではなく亜鉛・ビタミンC・バイオフラボノイドという相乗効果により更に強くヘルペスの発症を抑えることができます。

 

リシンは口唇ヘルペスだけでなく性器ヘルペスにも予防効果があります。

 

 

口唇ヘルペスが再発した場合の対策

 

せっかく予防をしたのに口唇ヘルペスが再発してしまった。そんな場合は、患部への対策に頭を切り替えましょう。

 

口唇ヘルペスは清潔にしていれば1~2週間で治まりますが、痕が残るかも知れないので早めに治療するに越したことはありません。

 

口唇ヘルペスの治療には「病院に行く方法」と「自分で薬を入手して治す方法」があります。

 

 

病院に行く

 

皮膚科で受診をする事で、抗ヘルペスウイルス剤を処方してもらうことができます。 それを使えば放置しておくよりも早い期間で治すことができます。

 

初めて口唇ヘルペスになった場合ならともかく、再発の場合は自分で症状が理解できているので自分で薬を入手して治すこともできます。

 

 

薬で治療をする

 

口唇ヘルペスの治療はスピードが重要です。 治療薬を所持していれば、いざ口唇ヘルペスになった時に、病院に行くよりもいち早く治療をすることができます。

 

口唇ヘルペス治療薬の中でおすすめなのは、グラクソ・スミス・クライン社の「軟膏アブレバ」です。 アブレバは、アメリカの食品医薬局が唯一認めた口唇ヘルペスの市販薬です。 この薬を持っていると心強いのではないでしょうか。

 

 

傷口を隠す

 

大事な日が控えているのに口唇ヘルペスになってしまい、治療が間に合わない時もあるかもしれません。 また、特別な日でなくとも口唇ヘルペスが発症したまま街を出歩くには抵抗がある人が多いのではないでしょうか。

 

そんな場合は、コンピードというパッチを使用することにより患部を隠すことをお勧めします。 コンピードは透明パッチなので目立たつことはありません。 上から化粧をすれば患部を気付かれる心配はほとんどありません。

 

またコンピードには自然治癒力を高める効果もあるので、内服薬と併用することにより更に早期の治療を見込むことができます。

 

このコンピードも、アブレバと同じくもしもの場合に備えておくと安心することができると思います。

 

 

まとめ

 

口唇ヘルペスの再発で重要なのは、とにかく予防と早めの対策です。 もし予防の甲斐が無く再発してしまっても、早めに治療をすることで肌のダメージを最小限に抑えることができるのです。

 

時間が経つと治るから・・・と放置せずに、早めに治療に取り組みましょう。 スピードだけでいうなら、病院に行くよりも所持している薬を使用する方が断然スピーディーに治療をする事が出来ます。

 

口唇ヘルペスに負けずにいつも美しくありたい女性は、ここで紹介した薬を持っていても決して損する事はないのではと思います。

 

 

 

 

リシンプラス

口唇ヘルペスの予防と対策記事一覧

帯状疱疹の治療って?帯状疱疹の治療というのは、基本的にはできるだけ早く皮膚科を受診して、抗ウイルス薬による治療を行うようにしましょう。最初は痛みが軽度だったり、発疹があったとしても悪化してしまうようなことはありません。帯状疱疹ウイルスの抗ウイルス薬というのはウイルスを殺すための薬剤ではなく、増殖を防ぐために使用する薬剤です。そのため、ウイルスが増えてしまった段階においてはそこまで高い効果を期待する...

帯状疱疹が顔に出る帯状疱疹は神経のあるところであればどこでも症状が出る可能性はあります。その中でも症状が出ると最も厄介なのが顔です。顔には三叉神経と呼ばれる知覚神経があるのですが、その周囲の神経において帯状疱疹が発症すると、顔だけでなく、目にも影響が出ることがあるのです。その場合には皮膚科だけに限らず、眼科にも症状が出てしまうことがあります。また、帯状疱疹の症状が顔に出るようになると、痛み、発疹、...

帯状疱疹の気になる症状をチェック帯状疱疹の症状というのは、最初は神経痛のような痛み、ヒリヒリとした感覚、皮膚の痒みといった症状が出るようになります。そして、その痛みや痒みを感じていた部位に虫に刺されたような赤い発疹ができるようになります。その結果、発熱や頭痛といったものが出るようになります。その後、中央にくぼみのある水ぶくれがつくられるようになります。水ぶくれの中というのは最初は透明なのですが、次...