リシンプラスLP


生理があるってハンデです

 

アトピー性皮膚炎に悩む方は大勢いてそれぞれ重さは違うだろうけれど、基本的には女性のアトピーの方がずっと負担が大きいだろうと思います。

 

症状そのものもそうですが、お肌への影響から受ける精神的なダメージは女性の方が強いはず。

 

その上毎月の生理。

 

生理があるだけでも女性は人生における苦労が男性とは違うと言うくらいですから、こういった強制的な体調の乱れやホルモンの乱れがアトピーにも影響する女性の苦労はいかばかりでしょうか。

 

さらにアトピー持ちの方はヘルペスの心配も付きまとうでしょう。
生理のタイミングでヘルペスが何度も再発するという方もいるくらいですから、このことからも生理の大変さが分かります。

 

アトピーというだけで辛い。生理というだけで大変。そして決して根絶することができないヘルペスウィルスの存在。

 

これらはそれぞれ別の問題でありながら、一続きの症状となって女性を襲うこともある非常に厄介で嫌らしい存在です。

 

すべて消えてしまえば良いと思うかもしれませんが、ここではまずヘルペスの対策から取っていくことをおすすめします。

 

なぜならこの中では一番簡単だから!

 

三重苦を抱えているとまるで人間の三角関係のような状態で、それぞれでいざこざを招いてしまうという悪循環になってしまっているはず。

 

要因を一つでも解消できれば、すごく単純な図式になるだけでなく、もしかしたらそれをきっかけに好循環に転換できるかもしれません。

 

だからこそ、一番簡単なヘルペスの予防をしていこうという提案をさせていただきます。

 

アトピーの解消は難しいけれど…

 

ヘルペスを予防するのは簡単だとして、じゃあ他の二つはどうでしょう。

 

言うまでもないことだと思いますが、アトピーを解消するのは非常に難しいです。

 

症状の重さには個人差があり、潜在的にアトピー体質だからと言って誰もが生活に困っているという訳ではありませんが、基本的に完全に治るという印象はありません。

 

もともとの体質だから付き合っていくしかないという風に片づけても良いのですが、アトピーが厄介な理由は、そのもともとの体質の上にいくつもの要因が重なって皮膚の異変となって表れることです。

 

洗剤や光や暑さ寒さ、アレルゲンなどの皮膚への刺激が原因でアトピーが悪化するのはもちろんのこと、寝不足や疲労、不安や動揺と言った精神的な影響が症状となって表れることもある。

 

人の数だけアトピーがあると言っても良い程に、その要因は多岐に渡っているばかりではなく、根底にもともとの体質というものがあるのですから、治療や管理が難しいのは当然なのです。

 

それでも、自分で排除できる要因は見逃さず、出来る限りその要因に晒されないようにすることでアトピーの症状が抑えられるのも事実。

 

ステロイド剤などを上手に使ってアトピーと付き合うことで、普段は気にしなくても良いという状態を維持することは可能ですが、なかなか難しいことですよね。

 

生理が重い…

 

女性の中には、生理が重くていつも月の半分くらいは調子が悪いという方もいます。

 

アトピー体質の女性の中にも当然そのような方はいると思いますが、生理だけでも厄介なのに、アトピーも加わるとなるとその苦痛は想像を絶するものがあります。

 

さらに、生理が重いと言ってもやはり個人差がありますが、中には「まあ生理始めの2,3日辛いだけだから」と諦めている方もいるのではないでしょうか。

 

アトピーは些細なことが原因で増悪するものです。

 

生理時のイライラやホルモンバランスの乱れが、少なからずアトピーに影響していると考えられます。

 

明らかに生理時にアトピーが悪化すると分かっているのであれば既に始めていると思いますが、生理が重く毎月ストレスになっているというのであれば、低用量ピルの使用を考えたことがある方もいるかもしれません。

 

確かに低用量ピルを服用すれば生理痛は改善できると思います。しかし、低用量とは言え自己判断でピルを服用するのは怖いですよね…。

 

ヘルペスの予防はサプリメントで

 

例えば風邪をひいたらいつもヘルペスが発症するという方がいます。

 

同様に生理の時期になるとヘルペスがどこからともなく表れてという方も。

 

ヘルペスウィルスは体内に潜んでおり、免疫力や抵抗力が低下したタイミングを見計らって表皮を目指し発症するものです。

 

だから体質的に抵抗力が弱かったり、ステロイドの影響で免疫が抑制されていたり、ちょっとした体力の低下や疲労で簡単に発症してしまう人がいます。

 

特にアトピーの方は皮膚のバリアが弱く、体の広い範囲に症状が広がってしまう「カポジ水痘様発疹」を発症する方が多いので注意が必要。

 

ヘルペスが再発しやすいのであれば、リジンを摂取することでヘルペスウィルスの増殖が抑えられると言いますから、サプリメントを使って様子を見ることをおすすめします。

 

おすすめはドクターズチョイス社の「リジンプラス」。

 

ヘルペスの発症を抑えるために開発されたリジンサプリメントで、リジンの他にも亜鉛やビタミンCなど皮膚の健康やヘルペス予防に必要な栄養を含んでいます。

 

アトピー体質ということであれば化学成分などのアレルギーは心配かもしれませんが、ドクターズチョイス社の製品は安定して品質が良く安全性が高いのでおすすめしました。

 

さらに、「リジンプラス」にはヘルペスの症状を緩和させるための食品リストもついてくるという当たりがヘルペスのためのリジンサプリメントという感じがします。

 

この食品リストの内容とアルギニン・リジンについての知識を少し勉強して頭に叩き込めばずっとサプリメントを使う必要もないでしょうからぜひ活用していただきたいと思います。

 

とは言えどんなアレルギー反応がアトピーの引き金になるか分かりません。服用の際は慎重に様子を見ながらをおすすめします。

 

ヘルペスは心配ない!次はどうする?

 

リジンを摂取することでヘルペスの予防効果はかなり期待できると思います。

 

残るアトピーと生理痛についてはまた別に対策を考えなくてはなりませんが、アトピーはやはり地道にアレルゲンの排除や栄養摂取、体力温存といった堅実な日常生活を繰り返すしか道はないと思います。

 

そこに加わる生理痛が厄介なのだという問題なのですが、やはり低用量ピルを使用するのはかなりの勇気が必要になるはず。

 

そこで、かなり拍子抜けな方法になるかもしれませんが、適度なお散歩をおすすめします。

 

アトピーの原因や症状は十人十色です。重症で入院が必要な段階であったり、人前に出たくなかったりというのであればあまりにもふざけた方法に見えるかもしれません。

 

しかしそうではなく日常生活は普通にこなせているというのであれば、早朝など日差しの弱い時間に適度なウォーキングをしてみてください。

 

なぜなら、紫外線は免疫抑制効果と細胞の増殖を抑制する効果を持っておりアトピーの改善に適しているから。

 

なぜ散歩?アトピーに悪くない?

 

早朝であれば日差しもまだ弱く、どんな季節でも気温が高くなく、アトピー悪化の原因となる熱刺激や汗の量も抑えることができると思います。

 

さらに適度な運動をすることで血の巡りが良くなる上、便通が良くなることも実感できるはず。

 

ご存じの通り、腸内環境の悪化はアトピーの悪化を招くと言われています。

 

適度な運動(日光浴をかねる)、そして丁寧な汗の払拭、軽い朝食という習慣を得ることができれば、アトピーには悪いどころか良くなる期待ができますし、特に下半身の血の巡りが良くなることで生理痛が軽くなる可能性もあります。

 

これは投げやりな方法というか、理想論に過ぎないことは承知していますが、アトピーとはつまるところ生活習慣病だという話しも聞きます。

 

健康的な生活を送っていればアトピーが悪くなることはないというのは間違っていないはず。もし悪化したのであれば、細かく原因を探って、それを取り除くという作業が必要なのだと思います。

 

例えば朝の散歩を始めてその後アトピーが悪化したからと言って、やっぱり運動はダメなんだ日光はダメなんだとは考えないで欲しいのです。

 

日光も運動も、アトピーには良い影響を与えます。

 

また、生理痛にも相応の理由があると思いますが、やはり健康的な生活を送って悪いことはないように思います。

 

もし生理時に腰が痛くて、マッサージを受ければ楽になるという感覚があるのであれば、やはり血流は良くしておくにこしたことはないでしょう。

 

苦痛があるとどうしてもそちらに目が行ってしまいますが、それではいくつも苦痛が重なってしまったときに辛いです。ご自分の健康な姿一つだけイメージして、そちらに向かって生きていた方が絶対に楽しいと思います。

 

騙されたと思って、明日の朝から健康的な習慣を増やしてみてはいかがでしょうか。

 

リシンプラス

生理、アトピー、ヘルペスの三重苦…。記事一覧

アトピーの解消は難しいけれど…ヘルペスを予防するのは簡単だとして、じゃあ他の二つはどうでしょう。言うまでもないことだと思いますが、アトピーを解消するのは非常に難しいです。症状の重さには個人差があり、潜在的にアトピー体質だからと言って誰もが生活に困っているという訳ではありませんが、基本的に完全に治るという印象はありません。もともとの体質だから付き合っていくしかないという風に片づけても良いのですが、ア...

生理が重い…女性の中には、生理が重くていつも月の半分くらいは調子が悪いという方もいます。アトピー体質の女性の中にも当然そのような方はいると思いますが、生理だけでも厄介なのに、アトピーも加わるとなるとその苦痛は想像を絶するものがあります。さらに、生理が重いと言ってもやはり個人差がありますが、中には「まあ生理始めの2,3日辛いだけだから」と諦めている方もいるのではないでしょうか。アトピーは些細なことが...

ヘルペスの予防はサプリメントで例えば風邪をひいたらいつもヘルペスが発症するという方がいます。同様に生理の時期になるとヘルペスがどこからともなく表れてという方も。ヘルペスウィルスは体内に潜んでおり、免疫力や抵抗力が低下したタイミングを見計らって表皮を目指し発症するものです。だから体質的に抵抗力が弱かったり、ステロイドの影響で免疫が抑制されていたり、ちょっとした体力の低下や疲労で簡単に発症してしまう人...

ヘルペスは心配ない!次はどうする?リジンを摂取することでヘルペスの予防効果はかなり期待できると思います。残るアトピーと生理痛についてはまた別に対策を考えなくてはなりませんが、アトピーはやはり地道にアレルゲンの排除や栄養摂取、体力温存といった堅実な日常生活を繰り返すしか道はないと思います。そこに加わる生理痛が厄介なのだという問題なのですが、やはり低用量ピルを使用するのはかなりの勇気が必要になるはず。...

なぜ散歩?アトピーに悪くない?早朝であれば日差しもまだ弱く、どんな季節でも気温が高くなく、アトピー悪化の原因となる熱刺激や汗の量も抑えることができると思います。さらに適度な運動をすることで血の巡りが良くなる上、便通が良くなることも実感できるはず。ご存じの通り、腸内環境の悪化はアトピーの悪化を招くと言われています。適度な運動(日光浴をかねる)、そして丁寧な汗の払拭、軽い朝食という習慣を得ることができ...

ヘルペス対策にビタミンCのサプリメントヘルペスはストレスに弱く、免疫力が落ちている時にもかかりやすいのが特徴です。実はストレスを抱えている状況と、免疫力が落ちている状況というのは、どちらもビタミンCが欠乏している共通点が挙げられます。普段、野菜やフルーツが嫌いな人は、やっぱりビタミンCや酵素の摂取量が少ないことが考えられます。また、ここにストレスが加わると、余計にビタミンCの消費が多くなりますので...