リシンプラスLP


性器ヘルペス

 

性器ヘルペスの症状は、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、皮膚のただれができます。初めて感染した場合には、強い痛みや発熱を伴うことが多いです。
女性の場合は、外陰や膣の入口、お尻に見られることが多く、子宮頸部に及ぶことがあります。男性の場合は、亀頭や包皮、陰茎大部、お尻に見られることが多いです。男女ともに、太ももや肛門に見られることがあります。

 

性器ヘルペスは、性行為などにより感染してから4日から10日の潜伏期間をおいて発症します。急に完全部位に痛がゆさを感じたり、38℃以上の発熱が見られることがあります。女性の場合は、排尿できないほど痛みを感じることがあります。何の治療も行わない場合には、治るまでに3週間程度かかりますが、きちんと治療を行うことで1週間程度で治すことができます。

 

酷い症状の初感染がなおってから1ヶ月から12ヶ月してから再び感染部位に症状が現れることがあります。しかし、多くの場合は、痛みもあまり強くなく小さいかいようや水疱が数個出来る程度と軽い場合が多いです。兆候として、むずがゆさやヒリヒリ感を感じることがあります。体の奥に潜んでいたヘルペスウイルスが心身の疲労などにより再発することが多く、女性の場合は月経前に再発することがあります。

 

性器ヘルペス

 

性器ヘルペスの感染経路

 

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因でおこる皮膚の病気です。
このウイルスにはHSV-1とHSV-2という2つの型があり、HSV-1は主に口唇ヘルペスの原因になります。性器ヘルペスを引き起こすのはHSV-2の型で、主に性行為によってウイルスと接触にすることにより発症します。

 

ウイルスが潜伏している場合、症状が出ていなくても性器の皮膚や粘膜に存在するウイルスによって発症するため注意が必要です。潜伏期間を過ぎても症状がでない患者も多く、知らず知らずのうちに感染してしまうこともあるので気をつけましょう。性行為をしなくても、感染者が使ったタオルなどに接触することで発症する場合もあります。

 

また、口唇ヘルペスの症状がでているときにオーラルセックスをすると、パートナーの性器にウイルスが移り症状がでます。このとき性器に移るのはHSV-1型のウイルスですが、このウイルスでも性器ヘルペスになるので、口唇ヘルペスを発症しているときにはオーラルセックスを避けるようにしましょう。

 

出産や乳幼児期に親子間で伝染する母子感染も知られており、出産時にヘルペスの患部がある場合には、帝王切開での出産がすすめられています。

 

性器ヘルペスはうつるの?

 

性器ヘルペスとは、性器に赤いブツブツや水ぶくれや潰瘍ができる病気です。初感染時には、強い痛みや発熱を伴うなどの症状が出やすく、あまりの痛みに排尿困難になる可能性もあります。この病気は再発の可能性もある病気です。再発の症状は小さな水ぶくれや皮膚のただれができるなどといった比較的軽い症状で済むことが多いです。性器ヘルペスに一度感染するとウイルスがずっと体内に留まり続けます。そのため、自分自身が感染源となってしまい、誰か別の人にうつる可能性もあるので注意しましょう。性器ヘルペスは主に病変に接触することによって感染します。多くは性的接触によって感染することが多いので、そのような場合はパートナーに申告することも大切です。日常生活で感染することはまれですが、ウイルスを持っている人が使用したタオルなどのものを使用するなどによって感染する危険性もあります。そのため、感染したことのある人はタオルをわけるなどの配慮が必要になります。しかしヘルペスのウイルスは熱や乾燥に弱いため、あまり神経質になる必要はありません。なるべくトイレの後は石鹸で手を洗うようにしましょう。また、診断された場合はきちんと治療を受け、症状が出ているときのセックスは避けるようにし、安全なセックスをするように心がけるようにしましょう。

 

性器ヘルペスの症状

 

 

性器ヘルペスの症状というのは、性器やその周辺における赤いブツブツ、水ぶくれのことをいいます。
男性の場合はペニスの先端、もしくは包皮部分やおしりに見られることが多いです。

 

女性の場合は外陰、膣の入口、おしりに見られます。
場合によっては子宮頸部にまで症状が拡がることもありますので、注意が必要です。

 

初めてこの性器ヘルペスを発症してしまうと、痛みが強くなり、発熱するなどといった症状が出ることもあるのです。
2回目以降の再発の場合、初めての時よりも症状は比較的軽くなることが多いです。
しかし、痒みや痛みに苦しむ方も多いです。

 

性器ヘルペスの原因となるのは、性行為が多いのですが、人によっては感染したとしても症状が出ないこともありますし、気がつかないこともあります。
ウイルスの感染力がとても強いために性行為ではなく感染してしまうこともあります。

 

感染者が潰瘍や水ぶくれ、ただれといった症状が出ている場合にはウイルスの数が多いですので感染率も高くなります。
ヘルペスウィルスは唾液にも大量に含まれているので、ウイルスを保有しているパートナーと、オーラルセックスによっても感染をしてしまうこともあるのです。
そのため、安易に考えるのではなく、しっかりと注意をしておくようにしなければなりません。

 

 

性器ヘルペスの治療方法

 

性器ヘルペスはヘルペスウイルスに接触することで感染します。このウイルスを消滅させれば治るのですが、医学の進歩した現在でもウイルスを完全に消し去る薬は存在しません。そのため性器ヘルペスの治療には、ウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス薬を使用します。抗ウイルス薬はウイルスが正常な細胞に感染することを防ぎ、症状が出ている期間を短くします。症状が軽い場合は抗ヘルペス剤軟膏を塗ることで治りますが、痛みや高熱が続くなど重症化した場合には入院して点滴治療を行わなければなりません。一度治った場合でも、過労やストレス、セックスなどの刺激によってウイルスが再び活性化し、症状が再発することがあります。何度も再発を繰り返す場合には、抗ウイルス薬を原則一年間、毎日決められた量を少しずつ服用し再発のリスクを低下させる再発抑制療法を行う場合もあります。ウイルスを完全に除去することはできませんが、処置をうけるのが早ければ早いほど症状は軽くすみますし、回復も早くなります。治療に必要な抗ウイルス薬には医師の処方箋が必要になるので、ドラッグストアなどで購入することはできません。気になる症状が現れたら、産婦人科や泌尿器科、皮膚科などで相談するようにしましょう。

 

 

性器ヘルペスになった場合の痛みとは?

 

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスがセックスなどで感染して発症します。男性女性共に、性器やその周辺だけでなく、肛門やその周辺など広範囲に症状が出ることも少なくありません。性器ヘルペスに感染すると、初期書状としてはヒリヒリと痛いことが多いです。特に女性の場合、排尿ができないほどの痛みとなったり、発熱を伴ったりする場合もあります。

 

性器ヘルペスで問題なのは、一度感染してしまうと、ウィルスを完全に死滅させることが難しいということです。1年以内に再発する方は8割以上と言われています。そのため再発した場合、その度に症状を抑える治療が施されます。性器ヘルペスに感染した場合、症状がないときでもセックスで相手に移してしまいます。オーラルセックスやキスで、口に感染する場合もあるので、注意する必要があります。

 

治療は泌尿器科や婦人科、皮膚科などで治療することができます。5~10日間薬を服用しますが、症状が軽い場合は軟膏を使います。症状が重い場合は点滴治療が行われることもあります。費用は初診料と薬代の他に、検査費用が発生します。医療機関によって医療費が異なりますので、心配な場合はどのくらいになるのか尋ねてみると良いでしょう。

 

 

性器ヘルペスの症状と陰部の痛み

 

人間が悩まされる様々な病気の中でも、性器やその周辺の異常は他人に知られたくないため放置していると悪化してしまう場合があるので、きちんとした知識を持っておくことはとても重要です。性器ヘルペスはそんな性器に関連する病気の一つで、女性に生じる感染症です。
性器ヘルペスが生じる原因はヘルペスウイルスの一種の単純ヘルペスウイルスの感染で、主に性行為によって感染します。性行為を行う際にこのウイルスに感染していると、例え症状が出ていなくても移されてしまう可能性があるので、罹らないように注意するのが難しい病気と言えます。また口唇ヘルペスのウイルスを持った人がオーラルセックスの際に相手に移してしまう場合や、性行為に関係なくウイルスの付着したトイレの使用で感染してしまう場合もあります。
性器ヘルペスの主な症状としては陰部の痛みがまず挙げられます。特に初めて感染した時には症状が重くなりやすく、痛みのせいで排尿するのも困難になってしまうこともあります。痛みの他にはかゆみを伴うブツブツができたり、水ぶくれができたり、その水ぶくれが敗れてただれたり、発熱したりなど様々なものがあります。パートナーへ感染させてしまわないためにも、症状が出たらできるだけ早く病院の診断を受けることが大切です。

 

性器ヘルペスの症状と対策

 

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因で発症する感染症で、主に性行為によって感染しますが、ウイルスが含まれた体液などが付着することで感染することもあり、性行為以外でも感染する恐れがある病気です。性器ヘルペスはその名の通り性器周辺で発症しますが、唇でも発症するため、性器周辺と唇で発生します。感染すると2日から10日間の潜伏期間を経て水疱を形成します。水疱は潰れて潰瘍状になり色素沈着をのこして治りますが、このさいに水疱だけではなく膿が溜まるケースもあります。また感染すると痛みと神経痛を伴い、また患部近くで神経麻痺を起こす場合もありますし、発症場所によっては排尿障害や排便障害などを起こすことになります。
性器ヘルペスはウイルスが体内に存在し続ける限り発症するリスクがある病気で、治ったとしても抵抗力が落ちたさいに再発する恐れがあります。特に治療を行わなくても、症状が治まるため自然治癒する病気と思われがちですが体内にはウイルスが存在し続けます。そのため治療には抗ウイルス剤が使われますが一部は完全に体内からヘルペスウイルスを除去することができません。一方で治療では痛みが酷い場合には鎮痛剤も使われるので症状を緩和することができます。

 

性器ヘルペスの原因となるウイルスとは

 

性器その付近に何らかの問題が生じた場合、例え医者であっても他人に相談するのは勇気が必要ですが、放っておくと悪化させたり、またパートナーに感染してしまう恐れがあるので注意が必要です。性器ヘルペスは性器やその周辺に生じる感染症としてはポピュラーなもので、性器や肛門周辺などに痛み、かゆみ、水ぶくれ、ただれなどが生じ、また発熱や倦怠感などの全身に症状が出ることもあります。この病気は性交渉などで他人にうつしてしまう可能性が高いので、症状が出たと感じたらすぐに医師の診察を受けることが好ましいと言えます。
性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルスで、その二種類ある中でも下半身に症状を引き起こす2型と呼ばれるものが主となります。ヘルペスウイルスというものは決して珍しいものではなく、多くの人が体内に持っているもので、この単純ヘルペスウイルス2型には日本人の2~10%が感染していると言われます。これに感染しても症状が出ないという場合も少なくないのですが、それでも性交渉などによって相手に感染させてしまうため、自分では知らないうちに感染してしまうことが多いという特徴があります。また感染して免疫ができても、再発しやすいという特徴も持っています。

 

性器ヘルペスになった場合のお風呂の使い方

 

性器ヘルペスは非常に感染力の強い性感染症ですから、感染した後の生活には多少の不便が生じます。
特に問題となりやすいのがお風呂の使い方です。
では性器ヘルペスに感染している人がお風呂を使う時に注意するべきポイントはどこかと言うと、最も注意したいのはタオルの使い方についてです。
性器ヘルペスに感染した人の患部に触れたタオルを使いまわしてしまうと、それが原因となって二次感染が発生するリスクが出てきます。
風呂場で使用している湿ったタオルであればある程度リスクは減少しますが無くなるわけではありませんし、乾燥状態で使うバスタオルの場合はリスクが非常に高くなります。
そのため感染していることが明らかになったのであれば、タオルに関しては必ず使い分けるようにしなくてはなりません。
加えてお風呂の椅子に関しても感染源になることがありますから、感染している間は使用しないか、使用後にしっかり洗うようにした方が良いでしょう。
また通常の湯船につかるのはどうかというと、これはタオルや椅子よりも感染リスクは低くなります。
特に温泉やプールのように大量の水がある場所では、ほとんど感染はないと言って良いでしょう。
ただ家族が同じ湯船に何度も浸かるとなると、そこで感染が発生しないとは断言できない部分があります。
そのため完治するまでは湯船はなるべく使わないか、他の家族が入浴した後で入るように心がけましょう。

 

 

性器ヘルペスを完治させるために必要なこと3選

 

性器ヘルペスを完治させるために必要なことを3つ選ぶとするとパートナーに症状がある場合には接触を避けるということ、口唇ヘルペスがある場合にはオーラルセックスをしないこと、早期治療を心がけることなどがあります。性器ヘルペスはパートナーに症状がある場合には感染することが多いので、水ぶくれなどの症状が性器や唇周辺にある場合にはセックスを避けなければなりません。性器ヘルペスを完治するためには内服薬などを飲む必要があるのですが、軽度の場合は抗ヘルペスウイルスの軟膏タイプの薬を病変部分に塗るだけで完治させることができます。性器ヘルペスは再発をすることが知られていて、ストレスや過労が原因で性器の周辺にヘルペスの症状が出ることがあります。これを防ぐためには体力が衰えてきたら、休養をしっかり取るなどの対処が必要で、薬で予防をしても根本的な原因を取り除くことができないので、原因を特定してヘルペスウイルスに感染しないように心がけることでリスクを減らすことができます。とくに妊婦の場合は胎児に感染させないようにしなければならないので、パートナーにヘルペスの症状がある場合はセックスやオーラルセックスをしないようにしなければなりません。

 

栄養不足は性器ヘルペスの原因になる

 

性病は性行為によってのみ起こると考えている人もいるかもしれませんが、多くの人がウィルスや菌を持っているものもあるのです。
性器ヘルペスの原因であるヘルペスもそうなのです。ヘルペスには2種類の型があり、季節の変わり目や疲労が溜まると唇に出る人もいるでしょう。性器に出たものは性器ヘルペスとなるのです。
ヘルペスウィルスは感染力の高いウィルスで、飛沫感染こそないものの、発症している人と同じタオルを使用したり、液体が出ている患部に触れた手で性器に触れただけでも感染してしまうことがあります。
しかし、感染しても発症しないことや症状が軽くて気がつかないこともあります。そのように、ウィルスを保持しているときに栄養不足などが続き、体の抵抗力が弱まってしまった時にはじめて発症することもあるのです。
ヘルペスウィルスは症状が治まっても体内に残っていることは多くあります。
一度、性器ヘルペスになった人は、栄養不足などが原因で再発する可能性があることは知っておいた方が良いでしょう。
また、性行為がないから性器ヘルペスにならないはずと安心せずに、症状が出ていると感じたならば、病院で診察をしてもらう方が良いかもしれません。自己発症した性病は性行為でパートナーに移す可能性があります。パートナーの為にも、自分の為にも、早めの治療を心がけたいものです。

リシンプラス

性器ヘルペスについて記事一覧

性器ヘルペスに効果がある漢方性器ヘルペスとは、体力が衰えているときに症状が出てくるウイルス性の皮膚疾患となっています。病院で治療楽を処方してもらい症状を抑えることができますが、ウイルスは完全に死滅させることはできません。しかしこのように病院で処方される薬以外に効果があるものが漢方となっています。症状が出ているときには体の中に熱がたまっていると考えて治療を行うのです。このほかには解毒というような方法...

性器ヘルペスの再発を防ぐ方法性器ヘルペスは一度感染してしまうとその後長くに渡って再発のリスクが残ってしまう感染症です。そのため何よりも感染しないことが重要なのですが、感染してしまった場合には性器ヘルペスの再発を防ぐような生活を心がけなくてはなりません。ではどういったことを大切にすれば良いのかというと、特に重視したいのが健康的な生活習慣を作ることです。性器ヘルペスの症状を引き起こす原因となっているの...

ヘルペスにかかるのは風俗嬢だけではない!ヘルペスは風俗嬢がかかりやすい病気だと聞いていましたが、ストレスが貯まりすぎてもできるそうですね。私もストレスがすごくたまっていたせいか、気づいたら口唇ヘルペスが出来ていました。でも、風俗嬢の場合は、口唇ではなく、性器ヘルペスも多いそうですから、嫌ですね。でも、今はキャバ嬢が風俗嬢に転身するケースが急増しているんですってね。キャバって、営業命だから、ずーーー...

ヘルペスは粘膜接触で感染する風俗嬢は、ヘルペスにかかる人が多いって話ですよね。やはり粘膜系の接触が多いので、どうしてもヘルペスになってしまうんだろうなって思いました。ヘルペスは再発も多いので、本当に困ってしまいますよね。でも、風俗嬢って、本当にサラリーマンとかと結婚して普通の生活ができるのかなって、ふと思てしまいます。やっぱり、風俗の経験がある人って、結婚しても上手く行かないで、また風俗に戻ってく...

ヘルペスはデキる場所によって受診する科が違う本当に顔だけで勝負できる業界っていうのは、結局のところ、風俗のアルバイトくらいなのかな。キャバも芸能界も、やっぱり営業力やコミュニケーション能力がないと、生き抜いていくのが難しいと聞きました。やはり女性も顔だけで長年食べていけるほど、どの業界も甘くなっていっていましたね。顔だけで勝負ができるのは、やっぱり風俗での特権かも。でも、風俗でもやっぱりコミュニケ...

ヘルペスには種類がある最近、風俗のアルバイトに元キャバが多く応募してくるんですってね。実際、顔が良くて、スタイルも抜群の子が多いとか。「なんでこんな子が?」って思うようですが、そういう元キャバ出身の女の子っていうのは、結構最初のうちは接客があんまり良くないっていうのが特徴らしいですね。やはりキャバではなく、風俗に流れるのは、営業とか、お客さんとの接客に疲れている子が多いそうです。なので、営業しなく...

ヘルペスは風俗嬢の職業病この世の中は、顔だけである程度稼げるという仕事があります。それはズバリ、風俗!でも、顔だけでは長続きしないっていうのがあるみたいですね。やっぱりディズニーランドなんかもそうですが、リピーターっていうのが、一番大事なんですってね。これは風俗でも同じようです。新規のお客さんから指名してもらえるのも嬉しいですが、やっぱり、何度も足を運んでくれる人がいないと、売上ってそうそう上がら...