リシンプラスLP


紫外線は肌によくない。

 

すごく当たり前の知識だと思いますが、紫外線はあくまで浴びすぎがいけないのであって、「紫外線=悪だから絶対に避けるべき」という認識は正しくありません。

 

アトピー体質の方で、紫外線もしくは日光は絶対に避けるべきという認識を持っている人がいれば、これからお話する内容が日光に対する認識を変えるきっかけになれば良いなと思います。

 

アトピーには良くてヘルペスには悪い紫外線

 

アトピー体質の方にはカポジ水痘様発疹を引き起こすことのあるヘルペスの不安が付きまとって困るという方もいるでしょう。

 

これが問題なのですが、ヘルペスにとって紫外線は直接的な発症原因となることがあります。

 

よってヘルペスの再発が多くて困っているという方は、日光を避けるべきという認識でも間違いとは言えない。

 

例えばつい日光を浴びすぎてしまって、アトピーも悪化したしヘルペスも同時期に発症して、その症状が全身に広がって酷い目にあったという経験があるなら、「紫外線=悪」という認識になるのは仕方ないことだと思います。

 

特にアトピーの方がよく使うステロイドはヘルペスに使うと悪化する可能性があるので使用禁止、と言われています。

 

このように、アトピーには良いがヘルペスには悪いという情報には意外に頻繁にぶつかるものです。

 

紫外線もその一つ。

 

ここではむしろ紫外線はアトピーに良いのだという情報をお届けすると共に、ヘルペスは日光を避けるよりむしろウィルスの増殖を抑える「リジン」を摂取する方が予防効果が大きいという話しをしていこうと思います。

 

それらを踏まえた上で、どんな人が日光を避けるべきなのか、どのように避けるべきなのかについて一緒に考えていきましょう。

 

アトピーに紫外線は良い!

 

アトピーにとって紫外線はむしろ浴びるべき光線だと言われています。

 

実際日光浴がアトピーに良いとか海がアトピーに良いとかで出かけたことがある方も多いのではないのではないでしょうか。

 

しかし、一方で、紫外線=悪の認識が強く、むやみに避けてしまっている人もいるはず。

 

何故かというと、日光のせいでアトピーが悪化した経験があるからです。

 

理屈よりも何よりも、経験に勝る知識はありません。

 

一度太陽の光が怖いという認識が芽生えてしまえば、自然と避けたい気持ちになるのは当たり前です。

 

しかし紫外線には細胞増殖抑制作用と免疫抑制効果があるのです。

 

細胞増殖抑制とは炎症反応を起こす細胞の増殖を抑え、それと戦うべく奮起する白血球(こちらもヒートアップすると炎症反応になってしまう)の増殖を抑制する作用。

 

免疫抑制効果というのは、アレルギー反応を起こしてしまう過度な免疫の働きを抑制する効果です。

 

これはいずれもステロイドの効果と同じです。

 

つまり紫外線には、天然のステロイド剤のような働きがあるということ。

 

だからアトピーに紫外線は良いのです。

 

日光でアトピーが悪化しましたという人

 

紫外線はアトピーに良いって言ったって、実際にアトピーが悪化したんだから悪いに決まっているだろうと思う方もいるでしょう。

 

しかし、日光に当たった後にアトピーが悪化したのであれば、それはむしろ紫外線ではなく赤外線の影響を疑った方が良いです。もしくは汗が原因かも。

 

アトピーの方が皮膚のバリア機能に問題があるのは事実です。

 

よって人よりもダメージを受けやすいのも事実ですし、人よりも日光の対する対策を取らなければならないのも事実。

 

しかしアトピー体質の方が本当に気を付けるべきは赤外線であって紫外線ではないのです。

 

ダメージの原因は単純に赤外線の温熱効果。皮膚の深いところまで届き、じわじわと暖かさが維持する赤外線はしばしば痛みの治療に使われることもありますが、皮膚が弱い方にとってはその長持ちする熱がダメージになってしまうのです。

 

温熱効果に相まって、汗をかいてふき取らないせいでアトピーが悪化することもあります。

 

光線過敏症の場合

 

もし日光のせいでいつもアトピーの症状が悪化するというのであれば、光線過敏症を疑った方が良いかもしれません。

 

確かにアトピー体質の方が赤外線の影響で症状を悪化させるということはあるかもしれませんが、日光に反応して発疹が出たりしてしまうのであれば光線過敏症という可能性が十分にあります。

 

アトピーの症状との区別が難しく、たまたまもともと色白で敏感肌であったり、乾燥肌であったりという事情と相まって、アトピーなのだと思い込んでいる方もいるようです。

 

医師ですらアトピーと光線過敏症を間違えることもあると言いますから、自分はアトピー体質で日光を避けなければならないと考えてしまったとしても無理はありません。

 

しかし、仮にアトピーと日光アレルギーの症状を医師すらも間違えてしまって、ステロイドが処方されたりすれば、症状が思うように治まらず慢性的な症状に発展してしまうこともある。

 

よって、自分の肌の症状がアトピーによるものなのか、純粋に日光が原因で起こっている肌トラブルなのかをよく観察し把握する必要があります。

 

光線過敏症であれば当然日光は避けるべきですが、アトピーであれば急激な日焼けや長時間の日光浴は害であるものの、適度な紫外線は有益になるのですから。

 

ヘルペスに紫外線はよくないけれど

 

日光アレルギーではない、もしそうであっても生活習慣が原因であるという方でアトピー体質の方は、日光からは逃げず、むしろ意識的にゆるやかな紫外線治療を行った方が良いと言えます。

 

日光アレルギーかどうかが分からないという方は、病院でよく検査をしてもらいましょう。

 

いずれにせよ、アトピー体質であるならば日光に当たれないというのは損失に数えられることだと思います。

 

もし日光への過剰反応が改善できるのであればぜひ改善して、適度に肌を紫外線に当てる習慣を作っていきましょう。

 

さて、そこで問題となるのがヘルペスです。

 

ヘルペスは紫外線が原因で発症するということは分かっていますから、アトピーの方でヘルペスが再発しやすいという方はやはり日光を避けなければなりません。

 

とは言え、ヘルペスの原因は日光だけではありませんし、強い紫外線を急激に浴びることで発症の引き金になると言います。

 

つまり、アトピーの悪化に繋がるほどの日光浴でなければ、同様にヘルペスの発症も心配することはないのです。

 

日光を浴びながらヘルペスはリシンで

 

何しろヘルペスの再発には困っているというのであれば、日光を避けるのではなく、ヘルペス増殖を抑える働きを持つリシンを摂取して再発を防ぐのが良いでしょう。

 

ヘルペスの発症も原因は一つではなく、いくつかの要因が重なることもあります。

 

たまたま疲労が溜まっていたり、風邪をひいていたり、ストレスが溜まっていたりという些細なことが発症原因となり得るのです。

 

ヘルペスの発症原因が特定できているならそれを避ければ良いので問題はないのですが、もし不明だというのであれば予防はリシンで行うのが一番簡単です。

 

発症要因があっても、ヘルペスウィルスの増殖が抑えられればよいのですから。

 

また、もし内面的なストレスが原因となっているのかもしれないというのであれば、なおさら日光には適度に当たり鬱々とした気分をリフレッシュする習慣を身に付けるのがおすすめ。

 

太陽の光が人の心に及ぼす影響は大きいと言いますし、もしアトピーにも良い影響が表れたのなら、ヘルペスもそれほど怖くなくなるという好循環が生まれるでしょう。

 

いかがでしょうか。

 

肌が弱かったけれど、日光に対する認識が少し変わったという方がいれば幸いです。
適度な太陽光線は体に良いですが、もちろん過度な紫外線は害になります。

 

ぜひ太陽と上手に付き合い、お肌を強くして行って欲しいと思います。

リシンプラス

アトピー、ヘルペスどちらにとっても避けるべきは紫外線?記事一覧

アトピーに紫外線は良い!アトピーにとって紫外線はむしろ浴びるべき光線だと言われています。実際日光浴がアトピーに良いとか海がアトピーに良いとかで出かけたことがある方も多いのではないのではないでしょうか。しかし、一方で、紫外線=悪の認識が強く、むやみに避けてしまっている人もいるはず。何故かというと、日光のせいでアトピーが悪化した経験があるからです。理屈よりも何よりも、経験に勝る知識はありません。一度太...

日光でアトピーが悪化しましたという人紫外線はアトピーに良いって言ったって、実際にアトピーが悪化したんだから悪いに決まっているだろうと思う方もいるでしょう。しかし、日光に当たった後にアトピーが悪化したのであれば、それはむしろ紫外線ではなく赤外線の影響を疑った方が良いです。もしくは汗が原因かも。アトピーの方が皮膚のバリア機能に問題があるのは事実です。よって人よりもダメージを受けやすいのも事実ですし、人...

光線過敏症の場合もし日光のせいでいつもアトピーの症状が悪化するというのであれば、光線過敏症を疑った方が良いかもしれません。確かにアトピー体質の方が赤外線の影響で症状を悪化させるということはあるかもしれませんが、日光に反応して発疹が出たりしてしまうのであれば光線過敏症という可能性が十分にあります。アトピーの症状との区別が難しく、たまたまもともと色白で敏感肌であったり、乾燥肌であったりという事情と相ま...

光線過敏症は日ごろの生活の影響も例えば、日光が原因で皮膚トラブルが起きてしまってから必要以上に日光を避ける習慣ができてしまったのなら、日光に当たらないように気を遣いすぎたせいで日光に対して肌が過敏になるケースもあります。また特に日光を避けようと思ってはいなくても、生活習慣やリズムによっては日光に当たる機会の少ない人なども、たまに日光に当たると酷い肌トラブルに見舞われてしまうことがある。また、アルコ...

ヘルペスに紫外線はよくないけれど日光アレルギーではない、もしそうであっても生活習慣が原因であるという方でアトピー体質の方は、日光からは逃げず、むしろ意識的にゆるやかな紫外線治療を行った方が良いと言えます。日光アレルギーかどうかが分からないという方は、病院でよく検査をしてもらいましょう。いずれにせよ、アトピー体質であるならば日光に当たれないというのは損失に数えられることだと思います。もし日光への過剰...

日光を浴びながらヘルペスはリシンで何しろヘルペスの再発には困っているというのであれば、日光を避けるのではなく、ヘルペス増殖を抑える働きを持つリシンを摂取して再発を防ぐのが良いでしょう。ヘルペスの発症も原因は一つではなく、いくつかの要因が重なることもあります。たまたま疲労が溜まっていたり、風邪をひいていたり、ストレスが溜まっていたりという些細なことが発症原因となり得るのです。ヘルペスの発症原因が特定...

ヘルペスは触っちゃダメ!ヘルペスは、気になるからと言って、手でべたべた触ってしまうのは、良くないと言われています。ニキビもそうですが、治すときに、雑菌が入ってしまい、跡になりやすいんですよね。やはりヘルペスを綺麗に治したいのであれば、清潔な手で触るようにしたり、触る頻度を少なくするように気を付けるべきだと思います。それが出来ないと、やっぱり傷口が悪化してしまいそうですね。私はヘルペスになるのがすご...